人気ブログランキング | 話題のタグを見る

若年成人でBCG予防接種された人とされなかった人のSARS-CoV-2感染率

・コロナウィルス感染症2019(COVID-19)の確定症例や致命率は国によってさまざまである。ひとつの理由として、小児時代のBCG予防接種に関する国ごとの政策があげられ、普遍的にBCGの予防接種をするかどうかの国によって報告される確定症例が少なかったり総死亡数が少なかったりする可能性がある。国ごとでアウトブレイクの特徴を比較する際に影響をうけるのは、アウトブレイク時期の違い・感染した人口の平均年齢・パンデミックへの管理・施行された検査数・COVID-19関連死亡の定義・過小報告といった交絡因子が可能性としてある。

・BCGの予防接種が日常的にイスラエルで新生児の全員に全国免疫プログラムの一部としておこなわれたのは、1955年から1982年であった。全般として、イスラエルでのこの予防接種の受容率は高く、90%を超えている。1982年以降、このワクチンが接種されたのは結核蔓延の国からの移民に対してのみであった。この変化があることで、2つの似たような集団において、感染率やCOVID-19重症割合をBCG接種の違いで比較することができる:普遍的にBCG予防接種プログラムを中止する前の3年に生まれた人と、中止した後の3年に生まれた人。

・イスラエル保健省の現在の政策として、COVID-19で矛盾しない症状(咳嗽・呼吸困難・発熱)のある患者全員に重症急性呼吸症候群コロナウィルス2(SARS-CoV-2)の検査をおこなっている。鼻咽頭スワブで検査し、リアルタイム逆転写ポリメラーゼ連鎖反応を使って正規の検査室で2020年3月1日から4月5日までおこなった。患者に対して1回の検査のみを対象とした。結果は生まれ年ごとに階層化した。特定の生まれ年ごとの人口データは全国中央統計局からえた。カイ二乗検定を使って、COVID-19に矛盾しない症状のある人のなかで検査陽性となった割合や率を人口100,000人あたりで、1979年から1981年に生まれた人(年齢39〜41歳)と1983年から1985年に生まれた人(年齢35〜37歳)で比較した。両側検定での有意閾値をP< .05と決めた。この研究は、全てのデータが匿名化されるように、シャミール医療センター倫理委員会で許可された。統計学的解析は、Rソフトウェア、バージョン3.5.3(R Foundation)を使用しておこなった。

・レビューされた72060の検査結果のうち、3064が1979年から1981年までに生まれた患者のもの(この期間の生年月日集団の1.02%;49.2%が男性;平均年齢、40歳)で、2869が1983年から1985年に生まれて予防接種されていない可能性のある人のもの(この全生年月日集団の0.96%;50.8%が男性;平均年齢、35歳)であった。検査結果が陽性である割合に統計学的な優位差は、BCG予防接種群(361人[11.7%])と非予防接種群(299人[10.4%];差、1.3%;95% CI、-0.3%〜2.9%;P= .09)でなく、100,000人あたりの陽性率(予防接種群で121人 vs 非予防接種群で100人;差、100,000人あたり21人;95% CI、100,000人あたり -10〜50;P= .15)でもなかった。各群に、1人の重症例(人工呼吸器管理か集中治療室入室)があり、死亡例は報告なかった。

・イスラエル成人で35歳から41歳のこの集団では、小児期のBGC予防接種は非予防接種とくらべて、同様なSARS-CoV-2検査結果陽性率と関連した。重症例が少ない為に、BCG接種状況と重症度の関連性について結論はだせない。BCG予防接種は結核に対して防御するようになるが、他の感染性疾患に対して防御するような非特異的な有用な効果をもたらしたり、インフルエンザワクチンのようなワクチンの免疫原性を高めることも分かっている。こうした効果は、T細胞性交差反応のような適応性免疫におよぼす異種性効果に部分的に媒介されていると考えられているが、自然免疫応答によってもおこると言われている。

・この研究の強みとして、大規模集団に基づいたもので、2つの似たような年齢集団の比較であり、交絡因子を最小限に抑えている。主要な限界としては、イスラエルで生まれていない集団が対象となっており、予防接種状況が不明である。しかしながら、これらの年齢層でBCGの予防接種をしている国からの移民は少数派であり(彼らより高齢層と若年層ではそれぞれ、4.9%と4.6%)、各群で大きな比率を占めているわけではない。加えて、100,000人あたりの比率はこの集団での陽性率をあらわしており、検査された人は報告された症状に応じてあらかじめ選択されている。

・結論として、この研究によれば、小児期のBCG予防接種が成人期でのCOVID-19に対して防御効果をもつ、という考えは支持されない。

by anaesthetist | 2020-06-01 19:14 | COVID-19 | Comments(0)